« 去年のミステリーツアー3 | トップページ | 「コレとの日々」のはじまり2 »

2005/07/26

「コレとの日々」のはじまり1

 ちょっとうちのコレについて説明しておこう。

 それは2年前のこと。夏のさなか、我が家の庭先に一匹の犬が倒れていた。なつくと情が移るので一週間ばかり放っておいた。どうやら、犬は動けないらしい。かわいそうになって結局エサをやった。

 よく見てみるとダニだらけ。痩せすぎているし。かわいそうなので病院に連れて行った。3歳くらいらしい。ラッキーなことにフィラリアには罹っていない。獣医さんに頼まれた。
「飼ってやってください」
 一応、迷い犬サイトを見たり、ペットショップを回ったりして探している飼い主はいないか探してみた。しかし、いないようだった。

 我が町では狩猟をしている人が多く、そばの佐野インターでは狩猟犬が捨てられたりしている。次の猟期までエサをやるよりは、幼犬を育てた方が経済的に安上がりなのだそうだ。だから、山の中で犬を捨てていく人もいるし、縛ったまま帰ってしまう人、撃ち殺してしまう人もいるらしい。この犬もそんな一頭だと思った。

115-1522_IMG1

 しかしながら、コレ(正しくは是清)と名付けて飼い始めてから、ふと思った。
「こいつ生粋のポインターとはちがうんじゃないだろうか」
 お手もできなければ、オスワリもできない。待ても駄目、散歩中に出くわすポインターよりもひと回り小さい。もしかしたら、コレは和犬が雑じっているのかもしれない。つまり、もともと野良だったのかも。

 よくわからないので、誰かわかる人教えてください。

|

« 去年のミステリーツアー3 | トップページ | 「コレとの日々」のはじまり2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65290/5168259

この記事へのトラックバック一覧です: 「コレとの日々」のはじまり1:

« 去年のミステリーツアー3 | トップページ | 「コレとの日々」のはじまり2 »