« 黒ラブラヴ? | トップページ | コレの庭 »

2006/01/15

ミーハーレビュー10『THE有頂天ホテル』

 母と『THE有頂天ホテル』へ。みなさん三谷監督の『みんなのいえ』をご覧になられましたか。なっていれば、ほんのちょっとだけ楽しいですよ。

 それにしても23人のメインキャストの人生模様を交錯させながら、きっちりラストまでたどり着くんだからたいしたもんだ。前半は、詰め込みすぎじゃん、と心配になるんだけど、うまくカードを切っていって最後にはきちんとアガられちまったカードゲームを目撃してしまったような驚きがあるし、その手腕にも舌を巻く。もちろん、ユーモアもペーソスもたっぷりだしね。

 それから、ぼくが思うに声のいい男の人はやっぱりかっこいいね。役所広司も佐藤浩市も西田敏行も。あ、あと生瀬さんも。

 やっぱり三谷さんの群像劇はいいですね。

|

« 黒ラブラヴ? | トップページ | コレの庭 »

コメント

お母さんと行くなんてステキです。
そう、盛りだくさんなんですが、最後ちゃんと着地しちゃうんですよね。
周りがおおむねハッピーエンド風の中、西田敏行と角野卓造と伊東四朗はやはり必要だったんだろうな…

投稿: たいがぁ | 2006/01/18 09:21

群像劇といえば『ラヴ・アクチュアリー』が好きです。んで、中にクリスマスにうまくいかない女性が出てくるんです。それが実によくってね。

西田敏行さんと角野卓造さん最高です。角野さんが最後走りだすところ大好きです。

投稿: セキグチ | 2006/01/18 15:36

どうしても「くねくね」が見たい!
だってあれ見ると死にたい状況でも頑張れるんですよね?

投稿: たいがぁ | 2006/01/21 23:52

「くねくね」ね。やっぱりあれは角野卓造さんじゃないと!

投稿: セキグチ | 2006/01/24 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65290/8202340

この記事へのトラックバック一覧です: ミーハーレビュー10『THE有頂天ホテル』:

« 黒ラブラヴ? | トップページ | コレの庭 »