« バレンタインデーなのに豚肉の話 | トップページ | ドッグランデビュー »

2006/02/18

ミーハーレビュー12『シムソンズ』

 サクマさんと夕飯ついでに『シムソンズ』を観た。

 と、その前にコンビニに寄ったら、冬だってのに白の半袖Tシャツ一枚で入ってくる金髪兄ちゃんと入口ですれちがう。ヤバいやつだな、と思いつつよく見たら香取くんだった。『西遊記』の撮影に来てたのね。

 話を映画に戻す。『シムソンズ』はカーリングを題材にした青春映画です。舞台はオホーツクの玄関口である女満別空港からさらに車で約40分のところにある常呂町。シムソンズはソルトレーク五輪に出場した実在のチーム。チーム名の由来が意外で面白かったです。

 ご都合主義なところはたくさんあったけど、青春映画はそんくらいのほうがぼくは好き。出演は加藤ローサに高橋真唯に星井七瀬。でもって、スキップを演じた藤井美菜がいちばんかわいかったかも。それにしても、スポーツをやっている女の子って二割増しでかわいく見えるのはどうしてなんでしょうね。

 「氷上のチェス」と呼ばれるカーリング。面白い競技ですね。シムソンズとしてソルトレークに行った小野寺選手と林選手は、現在チーム青森としてトリノへ。がんばってほしいです。

|

« バレンタインデーなのに豚肉の話 | トップページ | ドッグランデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65290/8747885

この記事へのトラックバック一覧です: ミーハーレビュー12『シムソンズ』:

« バレンタインデーなのに豚肉の話 | トップページ | ドッグランデビュー »