« ドッグランデビュー | トップページ | のようなもの »

2006/03/01

蔵出し、コレとぼく

 ちょっと新たに画像を撮る暇がないので、かつてのコレの画像でも。

107-0744_IMG1

 実は、これはまだコレを飼う前。ぼくんちの庭の木の下で倒れていて、
「おまえ、どうしたん?」
 と語りかけると、フラフラと寄ってきたのだった。名もなき迷い犬時代。額紫陽花がきれいだった頃。
 一週間ばかり、ほっといたのだが、やっぱりかわいそうになって病院へ。獣医に「飼ってやってください」と勧められ、飼い主を探したけれど見つからなかったので、我が家に落ち着くことに。その経緯は以前に書いた通り。

 上の画像は初めて接近したときのもの。こいつ、警戒してるよね。うかがってるっていうか。痩せてるしさ。

 それが、秋を経て、111-1189_IMG2

 冬を越え、

111-1196_IMG1

 桜が咲く頃には、

113-1361_IMG1
「それ、食べ物? くれ!」
 というくらい、なついていました。
 なついたのはいいんだけど、キリっとしたところはまるでなくなっちゃって。

 よくなってるんだか、悪くなってるんだか。

 その頃のぼくはといえば、まだ映画館で働いていて、

spiderdesi1

 こんな感じでした。

 よくなってるんだか、悪くなってるんだか。

 それにしても、あれが終わり、これを送って、それを切り上げって感じで仕事してんのに、肝心要のあいつがまだなんだよなー、の日々。コレとバーンと遊びたいよ。なあ、コレ。


|

« ドッグランデビュー | トップページ | のようなもの »

コメント

こんにちは、コレ君の表情の変遷がいいですね。

投稿: しまなか | 2006/03/02 09:23

おはようございます、しまなかさん。

コレはどんどんダラダラ系になってますよ。
しまなかさんは、まだ若いワン君の教育をまちがえないように。。

コレはもう……。

投稿: セキグチ | 2006/03/02 09:51

1週間頑張ったコレくんは、
セキグチさんに何かを感じたんでしょうね。
セキグチさんファミリーの愛情を一杯もらって
コレくんは幸せになった。ホント表情が物語ってる。

ポ~は来た時、ヨチヨチの赤ん坊だったから、
来た日から我が物顔のしたい放題だったです(^_^;)
姿が見えないと泣き喚くし、約2ヶ月は大変でした。
そして案の定、自堕落な犬となってしまいました。
今度、ラブリーだった頃の写真をアップしますね。

投稿: IKU | 2006/03/02 10:59

こんにちは、IKUさん。

一日中家にいてかまってくれる大のおとながいるってんで、ここに居座っちゃおうかなー、なんて思ったのかもしれませんね。

ポ~は赤ん坊のときから飼ってるんですね。
すんごいうらやましい。
ポインターの赤ん坊ってかわいいですよね。コレはそのかわいい時期を見られなかったからなあ。
ラブリーな頃の画像、楽しみにしてます。

投稿: セキグチ | 2006/03/02 13:40

なんでコレくん一人だったんだろうね・・・?
逃走犬?捨てられた?

目がおろおろしてるのがよくわかる・・・。
何はともあれ、お互いが惹かれ合って、今に至る・・・ですね。

この辺りにはいないけど海や、キャンプに行くとよく、野良をみかけます。
彼らは生きるのに必死で、どうやれば人間に気に入られるかを熟知してるんですよね・・・。上目使いで、しっぽを股にはさみながら、でも振って寄ってくる。
きっと痛い目にもいっぱいあってるから、早い動きには素早い反応で逃げていくーーー。

飼ってあげられるわけでもなく、悲しく見つめるしかなくって・・・・。

あれあれ話は違う方向へ・・・。いろいろな人生(犬生)でした。

投稿: miomio | 2006/03/02 14:28

コレくんは先輩に飼ってもらえて良かったですね。
やっぱり「運命」です。ジャジャジャジャーン♪
先輩最近忙しそうですね。さみしいなぁ~

投稿: たいがぁ | 2006/03/02 16:06

こんにちは、miomioさん。

最初の画像のコレは、「こいつ、いいヤツかな~」なんて感じでボクをうかがってましたよ。査定中って感じです。

んで、古い日記を読み返してみたんですけど、こんなふうでした。

■2003/06/24 (火) 犬

 犬が帰らない。夜、蚊にたかられていてかわいそうなので、歩いてすぐの動物病院へ連れていく。フィラリアの薬をもらおうと思ったのだ。
「年齢は?」
 と獣医さん。
「わかりません」
「名前は」
「ありません」
 ととんでもない問答が続く。
 採血したら、感染していないことがわかり、薬をもらう。犬種はポインターかその雑種みたい。
「ダニに食われたあとがひどいです」
 とか、
「歯垢がちょっと……」
 などと言われるが、野良犬なのだからしかたがない。
「餌をやらずに二週間くらいほっておいたんですけれど、勝手に家の番犬をやっていたのはなんででしょうかね?」
 と質問すると、
「庭が気に入ったんですかね」
 と獣医さん。医者としての意見が聞きたかったが、そんなものわからないか。やっぱり。
 年齢は3,4歳らしい。猟犬として働いていて、帰れなくなった犬かもしれない、とも言っていた。猟犬て首輪をしておかないものなのだろうか? この犬が来たときに首輪していなかったからなあ。それから、おすわりのポーズさえできなかったのだが、猟犬とはそういうものなのだろうか。それとも、とうに忘れたか。お手なんてやる素振りもないんだよね……。そして、動物病院の入口にある瀬戸物でできた犬に何よりもおそれをなしていた犬くん。猟はできなそうだけれどなあ。

************

 なんて感じでした。あの当時、近場でセッターが捨てられるニュースがあったんですよ。以下のURL参照。なので、コレもそうかなー、なんて思ってたんですが。

http://catnap.coco.co.jp/dog-sos/setter/top.htm

この犬が保護されたところなんて、我が家から5,6キロのところですね……。

で、この日記によると、2週間もコレは居座ってたんですね。忘れてました。そもそも、その2週間のあいだに、母がエサをやっていたことが発覚して……。

投稿: セキグチ | 2006/03/02 17:38

こんにちは、たいがぁ。

運命なんですかね。。それから、忙しいっつうか、なんつうか、って状況です。もっと日記を書ければいいんですけどねえ。
そうそう。
たいがぁと最後に会ってからもう10年くらい経つんじゃない? そのうちどっかで会えればいいんだけどね。

投稿: セキグチ | 2006/03/02 17:45

うう~。
いろんな意味でちょっと涙でそうです。
コレくんとセキグチさんはこうして結ばれたんですね。

私もマーリーを飼ったころ、獣医さんにいろいろ聞きました。なんせ犬を飼うのは初めてだったから。
『先生から見てこの子はどんな子だと思いますか・・・?』
今から思えばあまりに的を得ない質問。
『とっても優しい子だと思いますよ』
こう答えるしかなかったんでしょうね・・・。
とても『びびりです』とは、、、。

だって獣医さんは何でも知ってると思っちゃうじゃないですか。

投稿: miomio | 2006/03/02 23:49

こんばんは、miomioさん。

いや、別に、そんなイイ話ではないですよ。
なんてったって最近のコレは、昼寝を邪魔するとあからさまにイヤな顔しますからね。
ほんと偉くなったもんですよ。

miomioさんもマーリーちゃんの小さい時の画像を持ってるんですか?
あるんだったらうらやましいなあ。

投稿: セキグチ | 2006/03/03 01:57

前から思ってたんだけど、セキグチさんってコレの出てくる小説は書かないの?
私小説とか嫌いじゃなさそうだし、日記を読んでるだけでも肩の力の抜けたいい文章になりそうだけどなあ。

それにしても、この日記でもスパイダーマン。やっぱりかぶりものが好きなんだね。
今度、スターウォーズのトルーパーのお面をあげるよ。ジェダイテンプルを襲った部隊のやつが縁日風のお面になってたんで思わず買っちゃったのだ。

投稿: タケウチ | 2006/03/03 07:01

おはようございます、タケウチさん。

> コレの出てくる小説は書かないの?

名前が売れたら、名前が冠しているだけで売れちゃうようなエッセイを書きますよ。犬との日々。というか、そうなりたいなあ。

ジェダイテンプルを襲った部隊って501部隊とかいうやつでしたっけ? 青いラインが入っているやつ。いいですねえ。
そういえば、映画館で働いていた頃にちょうどエピソード1が公開になったわけですが、ライトセイバー持って観に来ていたお客さんもいましたね。お祭り気分で楽しかったですよ。

投稿: セキグチ | 2006/03/03 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65290/8898984

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵出し、コレとぼく:

« ドッグランデビュー | トップページ | のようなもの »