« 去年シャノアールで | トップページ | ありがとう、さようなら辻堂 »

2007/02/10

絶品カレーパン。

辻堂新町商店街には、シモンズというカレーパン屋さんがあって、そこのカレーパンがびっくりするほどおいしいのだ。

200702151657000
カレーパン屋なので、何種類もカレーパンがある。

200702101522000_1
ぼくはお店の名前を冠した「シモンズ」が好き。
このシモンズは、湘南のシラスが入っているマイルドなカレーを、油じみのないもっちりとした生地で包んだもの。
揚げたてがオススメです。
辻堂へ来たら、ぜひ。

|

« 去年シャノアールで | トップページ | ありがとう、さようなら辻堂 »

コメント

うわぁ〜〜〜〜〜〜おいしそう、、、(^ー^)
ワタクシも本日の朝食はカレーパンでした(ちょっとハード??)

でも、、そっちも食してみたいわぁ。
“ウィッシュリスト”に入れとこ〜〜☆

投稿: アカバナ〜☆ | 2007/02/10 20:45

私もカレーパン、食べたばかりでした。
辻堂に行ったら、シモンズですね。
行く機会があったらいいけれど~。

投稿: 比呂美 | 2007/02/10 22:49

おお、、うまそうですね!
自分もカレーパンには目がないのです。
辻堂ですね、、シラスは場所柄おいしいでしょうから
いい組み合わせですね。
油も少ないのは 中性脂肪組には朗報ですしね(笑)!

投稿: CAN太郎 | 2007/02/11 06:47

・おはようございます、アカバナ~☆さん。

ぼくも朝食カレーパンのときありますよ。
このシモンズというお店では、カレーの辛さもさまざまだし、揚げではない焼きカレーパンもあって、なかなかの美味です。

>“ウィッシュリスト”に入れとこ〜〜☆

いいですね、ウィッシュリスト。
ぼくも食べたい用のウィッシュリストを書いていってみようかな。

・いらっしゃいです、比呂美さん。

比呂美さんもカレーパン食べたばかりでしたか。
このシモンズは細~い商店街にある小さなお店。
そんなお店でおいしいカレーパンに出会えたので、小さな幸せを見つけたような気分に浸れましたよ。
もしもなんらかの機会に湘南方面にいらしたら、ぜひ。
辻堂駅から歩いて三分です。


・おお! CAN太郎さんいらっしゃいませ!

CAN太郎の名前でいらっしゃってるんですね。びっくりしましたよ。
それに、お早い時間の書き込み。
もしかして、徹夜でお仕事ですか?

そしてCAN太郎さんもカレーパンお好きなんですね。
ぼくも好きなんですよ(笑)
カレーパン好きのぼくが「!」と思ったこのカレーパン、ぜひとも食べていただきたいですね。

投稿: セキグチ | 2007/02/11 10:42

シラス大好きな私。カレーは苦手だけど想像したら、ヨダレが・・・(つω`*)テヘ
おいしそう~~~♪
早速、購入いたしましたわ。おいしいと薦められれば、食べてみたくなるのが人間の本能よね~~( *´艸`)クスクス

投稿: ドンママ | 2007/02/11 14:35

こんばんは、ドンママ☆彡さん。

しらす大好きなんですね。
しらすとカレーの出会いが、思わぬマイルドなハーモニーを織り成していますよ。

>早速、購入いたしましたわ。

え! お早いですね。
たしかおいしい食べ方が、シモンズのサイトのどこかにあったので、取り寄せたあかつきには、ぜひぜひ参考に。
感想お待ちしてますね!

投稿: セキグチ | 2007/02/12 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65290/13858852

この記事へのトラックバック一覧です: 絶品カレーパン。:

» しらす入りカレーパン?! [毎日キラキラDay☆]
かずぴん勝手にオススメ度:☆☆☆☆(4点)      藤沢のさいか屋の催事場で「春の湘南神奈川味めぐり」を催事していました。 迷わす買ったのがコレ。シモンズのしらす入りカレーパン「シモンズカレーパン」(190円) よくテレビで取り上げられていて、シラスとカレー??の組み合わせがどんな味なのか 一度食べてみたかったのですが、辻堂にあるお店まで行く機会はなかなかなく諦めていたときに出会いました(^^) シラス=魚介=生臭いというイメージがあったので、カレーとシラスのコラボって大丈... [続きを読む]

受信: 2007/03/06 19:25

» Byu soma online. [Byu soma online.]
Byu soma online. [続きを読む]

受信: 2007/10/14 04:04

« 去年シャノアールで | トップページ | ありがとう、さようなら辻堂 »