« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/16

菖蒲と、紫陽花と、

散歩ルートに菖蒲園があるので紹介します。

200706111918000

コレとふらふら。
200706111917000

200706091508000
ガクアジサイが咲いています。

そうそう。
コレと出会ったのは、紫陽花の季節だったんですよねえ。
で、だんだんオッサンがかってきたコレと、紫陽花。
200706091504000

菖蒲に満足。
200706081900000

ま、コレは鴨に気を取られているみたいでしたけどね。
200706081902000


| | コメント (18)

2007/06/15

クリモトバッティングセンター

小山の図書館に本を返しに行く。
そのついでに、ついついバッティングセンターに寄ってしまった。
これは、習慣ともいっていい行動なのだ。

かつて映画館で働いていたとき、とある先輩と外回りをしたものだった。
彼は、仕事に関してガチガチで“遊び”のない人だった。

にもかかわらず、バッティングセンターにポスターを張りに行った日には、
「いっちょ打っていこうか」
と誘うのだ。
それが意外で、すごく楽しくて、刷り込まれてしまった。

ということで、ついついバッティングセンターに寄る。
いまは経営者が変わってしまったが、かつてはクリモトさんが経営するクリモトバッティングセンターという名前だった。
ぼうっとしたおっさんが社長で、子供に500円ネコババされてもニコニコ笑っていて気づかないようなおっさんだった。
機械もいいかげんで、アームが触れているのにボールをこぼして飛んでこないなんてことはよくあった。
あるとき、ほとんど球が飛んでこないまま、規定の200円分が終わってしまったことがあった。
「あの、ほとんど飛んでこなかったんですけど」
 そう申告すると、
「ちょっと待ってて」とタダで打たせてくれた。
しかし、おっさんはマシンを動かしたまま、どこかへ行ってしまった。
延々と飛んでくるボール。
なぜか、特打ちに……。

さて、時が経ち、経営者のかわったバッティングセンターで、ぼくはワンプレイだけ試してみた。
久々なのに、やけにボールの芯を捉える。
あわやホームラン賞性の当たりが続き、となりの小学生が尊敬の眼差しでぼくを見ている。

となると、もういっちょ打ちたくなる。

200円を入れると、専用のコインを一枚出してくれる発売機に行き、もうワンプレイ分のコインを買おうと思ったが、あいにく千円札しかなかった。
しかたなしに、その隣の両替機に千円札を入れた。
と、思ったら、それは2,000円入れると12回打てるカードの発券機だったのだ。
「発売中止」のボタンを押す。が、うんともすんともいわない。
係員を探すが、なぜか見当たらない。

いたしかたなく、ぼくはもう千円を入れて、カードを買った。
めったに栃木に帰ってこない生活をしているというのに……。

カードを使い、再びバッターボックスに立つ。
久々の、特打ちでしたよ。

200706152017000


| | コメント (4)

2007/06/14

カレー食べたくなるですよ

200706081904000

カレーのマウスパッドを買っていただきました。

お腹がすいていると、本物に見えてきます。

ちなみに、200702032147000
こちらは、本物のカレーです。。

| | コメント (0)

2007/06/13

恋ヶ窪

そうそう。
ちょっと前ですが、同じ新人賞出身のヤマモトさんと、お昼を食べてきました。

200706011833000

「恋ヶ窪」記念です。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »