« ゆっくりと回りだす | トップページ | コレ、子猫にたじたじ »

2007/11/02

ボクの場所

近くのミニストップにこんな看板が。
200710092042000
犬のリードをつなぐポールがあるんですよ。

200710092043000
「ボクの場所でしょ?」なんて横顔のコレです。
ちょっと似てる??


|

« ゆっくりと回りだす | トップページ | コレ、子猫にたじたじ »

コメント

「オススメ」に紹介いただいて、ありがとうございます。
そうなんです……大好きな町なので、小山市をちょっと出してみました(笑)
話は変わりますがウチはマンションで、ペット可なんです。
ひとりっ子だし、犬を新しい家族に!!
と、今年は真剣に悩んでいたのですが、調べれば調べるほど、どうも犬を飼うのって難しいような……。
あきらめかけていたのですが、このブログを読むと飼いたくなるんですよね。。。
新刊、楽しみにしております。
ありがとうございました。


投稿: rakuzuki | 2007/11/02 20:11

いらっしゃいませです、rakuzukiさん。

かつて小山遊園地があった場所に、ショッピングモールができて、ロブレは瀕死の状態ですよ。
お店が撤退しまくりです。
駅ビルの本屋も、もうないし。

それから、大洗の場面も懐かしかったです。
水戸時代によく行きましたからね。

投稿: セキグチ | 2007/11/02 23:04

コレ君の横顔、凛々しいです。
ミニストップに、こんなスペースがあるのですか。
それは、威張って待っていられますね。

脱稿、おめでとうございます。
読ませていただくのを楽しみにしています。(^^)

投稿: 比呂美 | 2007/11/05 12:25

こんばんは、比呂美さん。

このスペース、隅っこに作られていて、コレも落ち着いて待っていられるようです。
買い物に出かけて、コレを待たせることが多いのですが、どこにリードを縛ろうかいつも迷うんですよね。
けど、こうしてポールがあると本当にありがたいです。

脱稿という言葉を使いたくなるのは本当に久々でした。
うまくいけば1月末~2月あたまあたりで、店頭に並ぶかもしれません。
それまでいろいろと山あり谷ありですが、がんばってみます。

投稿: セキグチ | 2007/11/05 18:46

こんにちは。
こんなイヌ停めがあるんですね。うちの方ではあまり見かけなくて、イヌ連れでコンビニ行く時は大弱りです。
金網に繋いだりと、看板とかのポールに繋いだり、盗まれる事はないでしょうけど駐車する車に轢かれないかとか、連れて行くといつも心配です。もっと普及して欲しいですね。

投稿: しまなか | 2007/11/05 20:04

いらっしゃいです、しまなかさん。

この前、バーニーズマウンテンドッグをコンビニの旗につないでいた方がいて、脱走されていました。
旗を引きずって。

なかなかリードをくくりつけておく場所がないですよね。
コンビニの隅に引っかけておくけれど、すまないような気がして落ち着いて買い物できないし。

けど、このミニストップのポールフックって、犬専用のためにそれほど気を使わなくていいし、なんだか大手を振って買い物ができるんですよね。

投稿: セキグチ | 2007/11/06 00:53

私もこのフックを最近見ました~。
引っ掛けるところって困るから嬉しいですよね。
ここならWANウエルカムってことだし!!
その前にミストはお留守番できませんが・・・
ハチャメチャなので、なにか問題を起こすだろうと
いった懸念がございます。笑

犬を通じてお会いしたセキグチさんは、
作家さんだったんですね。
お書きになった本、是非読んでみたいです。

投稿: ラクーン | 2007/11/15 02:14

こんにちは、ラクーンさん。

ラクーンさんも、ご存知でしたか、このポールフック。
たしかこのミニストップ近くに、フラットのブリーダーさんがいると思ったのですが……。

あ、一応、本を書いているのですが、本屋にはないかもしれませんねえ(^^;)

投稿: セキグチ | 2007/11/15 16:35


そうそう、そのお話をセキグチさんからお聞きした時にネット探してみたら、ブリーダー、近くにありました~。『永遠のピーター・パン』と呼ばれているフラットを2頭飼う勇気はありませんが、嬉しい情報でした。ありがとうございます。だからこの辺りはフラットちゃんが多いのかもしれませんね。500メートル圏内に少なくとも4フラット確認。
セキグチさんの本は、Amazonで見つけたので読んでみますね。

投稿: ラクーン | 2007/11/16 01:52

こんばんは、ラクーンさん。

フラット多いですよねえ。
踏み切りそばの家の、ノーリードの子。
よく事故にあわずに自転車についていけるなあ、と感心しきりです。
本は坪田賞をいただいた「空をつかむまで」あたり、どうでしょうかね?

投稿: セキグチ | 2007/11/16 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆっくりと回りだす | トップページ | コレ、子猫にたじたじ »