« こんにちは、コレです | トップページ | 「コレ師匠、カフェへ行く」の巻 »

2008/01/25

「ロカ先生、洗われてしまう」の巻

ロカは無料のシャンプー券をもらったので、いざ出発。

トリミング室はガラス張りです。
200801261936000
シャンプー自体は見えない隣部屋でやってきて、ドライヤーはこの部屋でやるようです。

どうやらロカ先生、シャンプー&ドライヤーが苦手みたい。
Cimg03111
緊張の面持ち。。

Cimg03151
この憂うつそうな顔……。
トリミングのお姉さんがちょっと隙を見せると、逃げ出そうと大暴れ。
首根っこを、つかまれちゃってます。
猫のシャンプーって大変だなあ。

シャンプーがよっぽどこわかったみたいです。
部屋に帰ってきてからは、机の下から出てきませんでした。
200801211156000
お気に入りの無線LANルーターの上に避難。

200801240242000
きれいになって、男前になったんだから、許してくださいよ、先生。


|

« こんにちは、コレです | トップページ | 「コレ師匠、カフェへ行く」の巻 »

コメント

うちの実家の猫もシャンプー嫌いでした。
こういうところで専門の方にやってもらうといいかもしれませんよね。

洗う係と、拭く係に別れていつも自分たちでやっていましたが…。
シャンプー中に逃げ出そうと、お風呂場のすりガラスをどんどんやるので、脱衣所で待ち構えてる拭く係はガラスに肉球が映るのがおかしくて笑い転げてました。

ロカ先生、人間不信になってないですか?
うちの一番気弱な子は、洗った後はいつも数日落ち込んでました。

投稿: chisalatte | 2008/01/27 00:38

いらっしゃいませ、chisalatteさん。

うちはどうやら犬も猫もシャンプー嫌いなようです。
しかしながら、こちらのお店、短毛種の猫をやってもらうと、
なんと8,400円!!!!
厳しいです。
ほかのお店なら安いんですかねー。

逃げ出そうとして、肉球でノックノックですか。
かわいいですね。
まあ、猫にしてみれば必死なんでしょうけど。

うちの場合も、家でやったら嫌われちゃうのかなあ。
ちょっと心配です。

投稿: セキグチ | 2008/01/27 01:36

うちのマミもいつかはトリミングに連れて行きたいと思っているのですが、
10年くらい外で暮らしていて、川の水でしか洗ったことがないとても汚れているマミを果たして受け付けてくれるのかがとても心配なのです。
あと輸送手段もね。
汚いマミを車に乗せたくない。。。

投稿: みわちゃん | 2008/01/27 07:07

うちのまりは我が家に来て以来、
ただの一度もシャンプーしてません!
でも、我が家の生き物のなかで、いちばん綺麗です(一番汚いのはもちろんわたし)。
なぜか甘ーい香りすらするんですよ。

家猫には、シャンプーって絶対必須ではないんじゃないかな、と思います。(^-^)

投稿: サトリックスGOGO | 2008/01/27 07:16

いらっしゃい、みわちゃん。

マミちゃん、川で洗ってるんだね。
さすが雫石。きっと水もきれいでしょう。
でもって、まずは家で二回くらい洗ってみたら?
うちのコレももともとは野良だったので、最初は洗い甲斐があったよ。
それからなら、きっと車でもOKだよ。

投稿: セキグチ | 2008/01/27 13:27

こんにちはです、サトリックスさん。

そうですか、猫ちゃんはシャンプーは必須じゃないんですね。
いままでコレは、なるべくまめに洗っていたので。
だって、コレの場合、毎日外を走り回り、汗をかき、汚れて帰ってくるので、気づくととてもケモノくさい匂いが。
でも、コレは毎日ブラッシングして、濡れタオルで拭いているので、もしかしていちばん衛生的にいただけないのは、ぼくかも……。

投稿: セキグチ | 2008/01/27 13:31

こんばんは〜♪
やっぱりシャンプーイヤイヤなニャンちゃんは多いですよね☆
ロカ先生、いつもは凛々しいお姿なのに、今回は車で送り迎えしてもらってるお坊ちゃんって感じで、これまたカワイイ一面ですね♪

投稿: ラクーン | 2008/01/29 23:03

いらっしゃいませです、ラクーンさん。

いつもコレを洗っているとき、コレは完全降伏なので、
逃げ出そうとするロカを見てビックリしましたよ。
猫ちゃんがどれくらい抵抗するかで、シャンプーの所要時間が変わるといった点にもビックリしました。
これから洗うことになったら…………本当に先が思いやられます。

投稿: セキグチ | 2008/01/30 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんにちは、コレです | トップページ | 「コレ師匠、カフェへ行く」の巻 »