« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/31

朝霧と給食

地元の小学校で授業をやってきました。

朝の散歩はすごーい霧。
R0010657_3
「ご主人、散歩コースが見えませんよ……」

コレさん、散歩中に体をブルブルさせていました。露がもったみたい。

クモの巣にも露が。
R0010666_2
奥にうっすらと見えるのが実家です。高台に建っております。

午後の散歩では、久々に黒ラブのクララに再会。
R0010652_2

クララはいきなり行っても吠えない、いい子。
R0010653_2
だけど帰ろうとすると、吠えるんですよね。

さびしいのかなー。
R0010655_2
ちょっと切ない。

霧が出た日はよく晴れる。夕焼けです。
R0010646
「コレ、塀に手をのせて」と指示すると、このポーズ。
コレさんにはフォトジェニック賞をあげたいといつも思う。

で、こちらが授業を行った小学校の給食です。
R0010641_2
ぼくが小学生のときより豪華ですよ。

小学生が主人公の小説を書いているけど、こうして実際に小学生と接すると発見することがたくさん!
反映させるにせよ、させないにせよ、とても楽しいです。
子供ってパワフルだ~。
「はーい、みんな聞いて~」と声を張り上げたとき、大学生のときにしていたアルバイトを思い出しました。
児童館で補助員をやっていたんですよね。
あの経験が生きる日が来るとはなあ。

| | コメント (12)

2009/10/26

コレとアリス

最近、実家に帰ることが多い。そんな日のコレさん。
R0010562
晴れた日は二階の納戸兼洗濯干しのこの部屋がお気に入り。

二階に上がろうとしたり、廊下を歩いていると、いちいち出迎えてくれます。
R0010555
「ご主人、なんですか?」

R0010557
「なんですか?」

R0010559
「なんですか?」

R0010574
「なんですか?」

……いちいち出迎えてくれなくてもいいんだけどね(苦笑)
たぶん、どこの家のわんこもそうだろうけど、ストーカー度は高い。

夕方の散歩。勝手知ったる故郷ゆえか、コレさんは爆走する。
R0010627
こちらが映画の撮影でよく使われている岩舟山と、最寄り駅の岩舟駅。

のどかでーす。

R0010637
この壁は『花とアリス』のDVDパッケージを撮るのに使っていました。
リンクが役場のものですが、いいですよね??

この壁、スタジオの壁なんです。
R0010639
誰かがドラムを叩いている音が。

そういえば、最近一部でレモン牛乳が話題になってましたね。こちらは便乗、じゃなくて関連商品です。
R0010581
ご要望とあらば、おみやげor発送いたしますよ。

| | コメント (20)

サクマさんとintervallo

サクマさんの家の近くに美術館ができたらしく、土門拳の写真展をやっているから見に行かないか、と誘われました。
「絶対非演出の絶対スナップ」だそうで。

慣れ親しんだ小説家さんがたくさん写っていて面白かった。
永井荷風を写したやつはよかったなあ。高村光太郎も。

その後、雨谷新田のカフェ、intervallo(インテルヴァッロ)へ。
R0010594

intervallo(インテルヴァッロ)ってイタリア語でサッカーのハーフタイムを意味するらしく。インターバルなのね。
R0010596
サッカーの主審さんが看板にいます。

オススメは二階のロフトです。
R0010600
上がるとこんな感じ。

振り返るとこんなふう。
R0010599
隠れ家風で、落ち着けますよ。

頼んだのはランチ。
R0010607
なに食べてもおいしいでーす♪

チキンカレーを選択。
R0010614
マイルドな味わいの中にピリリとした辛さ。

ケーキのチョイスはチョコが正解。
R0010619
なによりコーヒーがうまい。すばらしきかな、日常のハーフタイム。

などと30代半ばの独身男ふたりが食べている姿(ぼくは40に近いほうだが)は、周りからちょっと浮くのだけど。まあ、勘弁してください。

きっとこういう生活が楽しいからイカンのだろうなあ。
さびしくないんだもの。
楽しいことが多すぎて。
こーゆーことを言い出すとよくない、とも聞きますけどね。。


あ、先日は佐内正史さんの写真展にも行きました。
面白かった。大盛況でした。

物語をつむぐ仕事をしているぼくとしては、
自分で撮る写真はまったく逆に行きたいなあ、なんて。
物語のひとコマなどではけっしてなく。
写るものから物語が生まれる隙などないくらいぎゅうぎゅうに。
いまは撮る枚数が絶対的に足りないなあ。
やはり枚数が多い人にはかなわない。
それは小説と同じ。

話はとんと変わりますが、チルトシフトメーカーなるものを見つけました。
チルトレンズで撮ったみたくなるそうですが。
R0010577tiltshift
もうちょっといじってみると面白いかも。
もっと引きの写真があるといいかも。

うまくすると本城直季さんみたいな写真ができるかもよ。たぶん。

| | コメント (10)

2009/10/23

ブルー&ベリー

夏に出会ったブルー、ベリーと最近よく遊んでおります。

やはり君たちポインターMIXだね。
Dsc_1412
こちらはブルー。

おめめは和犬のベリー。
Dsc_1421
ベリーは犬見知りらしいけど、コレには飛びつきまくり。無害と見切ったか。

Dsc_1429
体つきや、動きも、

Dsc_1430
ポインターの子っぽい。

ジャックの子まで混ざって、しっちゃかめっちゃか。
Dsc_1423
ブルー、ベリーは大興奮!

まだパピーだもんね。
Dsc_1422
リードが絡まりまくりの二匹。

Dsc_1428
コレさん、好かれているようです。

子供をあやすの上手なんですよ、コレ。
Dsc_1431
見知らぬ人には親子に見えるようで。

お散歩終了。お別れは切なげ。
Dsc_1434
また遊びましょう。

   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

歯石を取ったときに犬歯裏の腫瘍をとったのですが、
その腫瘍が悪性かもしれないというので大学病院で調べてもらいました。

「悪性だったら上顎の骨を全部摘出しなくちゃいけません」

そう動物病院の先生に言われて大ショック。
なにせ、ロカの病気を一発で見抜いた先生だったので。
結果が返ってくるまで生きた心地がしませんでした。

で、結果はシロ。良性でした。
ほんとよかった。
いまやコレさんは歯石もとれてオトコっぷりが上がっております。

いつかロカの遠い親戚であろうオシキャットを迎え入れて、
コレといっしょにのんびりだらだら暮らすのがぼくの夢です。
Cimg0933
それまでコレには長生きしてもらわないとね!
あのお昼寝デイズをもう一度♪


| | コメント (19)

2009/10/08

台風と短編

台風がきますね。植物を室内に避難。
Dsc_1373
明日の散歩が憂うつだ~。コレはなにがあっても散歩に行く男……。

短編を書こうと思ったら、書けませんでした。
数えたら、もう一年半も書いてなかった。
書き方忘れちゃった……。

十代の頃は短編作家になりたかったんです。
定義はいろいろあるだろうけど、とにかく短いやつ。
ちくま文学の森シリーズは好きだったなあ、特に「変身ものがたり」。
ラインナップは以下。

死なない蛸(萩原朔太郎)
風博士(坂口安吾)
オノレ・シュブラックの失踪(アポリネール)
壁抜け男(エーメ)
鼻(ゴーゴリ)
のっぺらぼう(子母沢寛)
夢応の鯉魚(上田秋成)
魚服記(太宰治)
こうのとりになったカリフ(ハウフ)
妖精族のむすめ(ダンセイニ)
山月記(中島敦)
高野聖(泉鏡花)
死霊の恋(ゴーチエ)
マルセイユのまぼろし(コクトー)
秘密(谷崎潤一郎)
人間椅子(江戸川乱歩)
化粧(川端康成)
お化けの世界(坪田譲治)
猫町(萩原朔太郎)
夢十夜(夏目漱石)
東京日記 抄(内田百けん)

何度も何度も読んだけど、いまにまったく反映されていませんね。

ああ、もう寝ます。ここ一週間くらい風邪が治りません。

そうそう。『南極料理人』見ました。
面白かったです。
南極が舞台だけど、ホームコメディといった感じ。
いろいろあるけど、テーブルがあって、おいしい料理があって。
古き良きホームコメディを愛している人はぜひ。

それから、本は『海泡』『チョコレートビースト』『四十日と四十夜のメルヘン』とか。
DVDは『アヒルと鴨のコインロッカー』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『ラヴェンダーの咲く庭で』『再会の街で』。
楽器と怪獣が出てくる映画は、映画館で見ればよかったといつも後悔するんですよねー。

最近つくっていちばんおいしかったもの。
Dsc_1362
ひらひら大根の豚しゃぶサラダ。
そろそろ鍋がおいしい季節ですね。

| | コメント (10)

2009/10/07

いとしのレン

今年も地元の小学校で課外授業を行うので、打ち合わせに行ってきました。

コレさんも実家へ。となると、散歩コースのおうちにいるレンと会えます。

「ハロー!」とコレ。
R0010540
コレはレンが大好き。目がハートマークに。

レンはおとなしくて、本当にいい子。
R0010544
コレは吠えない子が好きなんですよね。レンも歓迎してくれます。

しかし、コレのしつこさに、
R0010547
次第にレンの表情が、

曇ってきて、
R0010548


R0010549
レン「……」

勝手に大満足のコレ。
R0010552
しつこい男は嫌われるよ、コレ。
レンも男の子だけど。

実家に帰ったので、免許の更新も行ってきました。
免許センターの帰り、おもちゃの町の博物館に立ち寄ってみました。
いままで行ったことなかったんですよね。

R0010529
ゾイドがでかい。

ヤッターワンがいてびっくり。こんなところで働かされていたなんて。
R0010534
旬のすぎた芸人のドサ回りを目撃してしまったかのような胸の痛みを覚えたんですが。

ぼくは世代的にこのあたりに反応してしまいます。
R0010533
ロケットパンチ、すぐなくすんですよねー。

今度は近くのバンダイミュージアムに行ってみたいと思います。
お台場ガンダム見られなかったし……。

| | コメント (9)

2009/10/02

フィルムスキャン

最近、実家に帰る機会が多くて。
それで、これを持ってきた。

古~い日記兼創作ノート。
Dsc_1360

1994年くらいからのもので、面白いのは日記。
日記はメモ程度。長く書くと内面をつらつらと書いて、読み返していやな気持ちになるから短く書いていたのだ。

たとえば、

5月1日(日)
 昨夜、沢田と小仙がビデオを見たあと泊まっていった。眠くて夜八時まで眠った。それから鹿島が来てビデオを見てから夜のドライブに出かけた。花明かりの夜だった。

5月5日(木)
 起きたら昼を過ぎていた。足立の家でビデオを見た。それから沢田の家に寄ってから帰った。外へ出たら空は白んでいた。

5月6日(金)
 三輪君と桑島と鳥信で飲んだ。

こんな感じ。
それにしても、21歳のぼくって、しょぼいゴールデンウィークを過ごしていますね。

写真も持ってきた。
未整理の写真やフィルムがどっさり。
いままでいただいた写真にあまり思い入れを抱けなかったのだけれど、自分がプリントするようになったら面白く思えてきて。

新人賞をいただいたときのグラビアの写真もあった。
いままでずっと撮られる側だったわけで、撮るようになったいまになって、人の撮り方をもっと訊いておけばよかったな、と。

こんなのも出てきた。ホルガのフィルム。スキャンしてみた。
Ho01
この写真を見ると、ガブリエル・バンサンの『アンジュール』を思い出す。

コレさんも、若~いのだ。精悍な顔つき。
Ho02
なあ、コレさん。いまよりポインターっぽくないか?

いまはこんなふうになっちゃって……。
Dsc_0967
まあ、心穏やかに過ごせているから、いいみたいだけどね。

さてさて、本日の晩ごはんはビビンバ。
スーパーのできあいのセットに、お肉をたっぷり焼いてのせました。
これじゃ焼き肉丼かな?
Dsc_1353
コチュジャンの甘辛で、激うま♪

| | コメント (10)

2009/10/01

おつかれさま

神保町へ行ってあれやこれやと。
ぼく、ほっておくと書いていなかったり、とんでもなくトンチンカンなものを書いていたりするので、心配して集まってくれるのです。
「ジャンプ」の『BAKUMAN』で出てくるあのビルです。

帰ってからコレと出かける。
この街に引っ越してきてから、ずっと懇意にさせていただいていたドッグ・カフェさんが閉店することになったのだ。

本当に残念で、残念で。
もっと画像撮っておけばよかった……。

看板犬のプリンちゃんと、常連のしじみちゃん。
Dsc_1218

コレを苦手だった六花(ろっか)ちゃん。
Dsc_1215
今度は公園で会いましょう。

Dsc_1203
まだ五ヶ月のトイプー、きんとき君。会えてよかったです。

こちらのドッグカフェさんは、ロカが通っていた病院の近くにありました。
コレの散歩兼、ロカの検査の結果を聞いた帰りに、立ち寄ったものです。
ロカの結果が悪くてとても落ち込んでいたとき、寄らせていただいて何度心が救われたことか。
コレの散歩も長く行けないので、こちらでコレの好物なんこつプリンを食べさせて、機嫌を直したこともしばしばでした。
本当にありがたかったです。
ありがとうございました。そして、おつかれさまでした。
コレとロカにかわってお礼を申し上げます。

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »