« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/25

コレ、三途の川を渡りかける

そもそものはじまりは、コングを買ってきたことからでした。
Dsc_1702
これがコング。

こうしたジャーキーを入れて、
Dsc_1704
ゴロンゴロンと転がすと、ジャーキーが横からこぼれ落ちて食べられるといった仕組み。

Dsc_1703
「ほら、やってみな」とスタート。

しかしコレは、「物をかじらない」「物に手をかけない」を守る男。ボールさえ口にくわえない(犬として、どうかと思う)。
Dsc_1715
「ご主人、どうしたらいいかわかりません……」

ということで、遊び方を教えながら、「こうすると食べられるんだよ」と。
Dsc_1717
コレ、果敢にトライ。鼻で押すだけだけれども。

押しているうちに部屋の隅まで行っちゃって、取れなくなったりして。
Dsc_1709

なんてやりながらジャーキーを20粒ほど食べたのでした。

すると、

翌日、大変な下痢。下痢ですむかと思ったのだけれど、夜には嘔吐。
なにせ血がいっしょに出るので、泡だった赤ワインみたいな嘔吐&トマトソースみたいな便。
こりゃあいかんと、夜間救急センターに駆け込む。

診断は急性腸炎とのこと(ご主人といっしょかよ)。

明くる日、かかりつけの動物病院に行く。レントゲンを撮ってもらう。
正常らしいので、薬をもらって帰る。

が、夜にまったく立てなくなる。ごはんも水も受けつけない。
嘔吐&下痢。
時間外だが、かかりつけの病院に行く。
待合室で四肢を投げ出して、横倒しになったまま目をつぶっている。
いまにも天に召されそう。
さすがにもう駄目だと思った。

エコーを撮り、血液検査をするが、異常は見当たらない。
原因不明で獣医さんも困惑&焦っていました。
輸滴してもらって、家に帰る。

立てないのに便意はあるらしく、一時間ごとに抱っこして外へ行き(20キロは重い)、カラ便。
抱っこをすると、どこが痛いのかわからないが、キュンキュンと鳴く。
こういうときは、悪いことばかり考える。
ロカに助けを求める。

光が見えたのは午前4時。
歩いた。自分でオシッコしている。ごはんを食べていないので力が出ないのか、足は上がらない。
ヨタヨタと夜の散歩コースを歩く。

6時に外へ連れて行くと、足取りがしっかりとしてくる。
やっと水を飲み、いつものドッグフードのペースト状のやつをちょっとだけ食べる。

朝一で病院へ。
上向きになっているので、ひと安心。
まだヨタヨタしているし、下痢は止まっていないが。

レントゲンでも、エコーでも、血液検査でも異常が見当たらないので、「ジャーキーによる極度の下痢」と診断するしかないとのこと。
僕が見ていないあいだに、なにか悪いものでも食べた可能性はあるが、それならそれで検査に引っかかりそうなものだが……。
また、大型犬だからジャーキー20粒くらいでここまで衰弱することはないはず、と獣医さん。

で、現在は元気、元気!
散歩で会った陸君やミストちゃんに、遊ぼうポーズ。
まだ軟便のくせに。
2キロも痩せたくせに(体重20キロで2キロはかなりのもの)。

食欲も戻ってきた。今日なんてさ、もっと食べさせろとアピール。

「ご主人、まだここにチキンがありますよ」
Dsc_1733
「駄目! それはロカのでしょ」

Dsc_1734
「ご主人の、けち」

Dsc_1737
「けち」

いじけています。

四日間にわたっての大騒動でした。
カメラの予定も、仕事のスケジュールも、友達との約束も、みんな吹っ飛ぶ。
諭吉が七人も旅立っていったよ(動物の夜間救急は法外だ)。
そして、諭吉七人の出費で、診断結果は極度の下痢と思わしきもの、とは……。
動物の病気やら変調やらはよくわからん。それが怖い。
まあ、なにより生きててよかった。。

で、コレは三途の川を渡らずにすんだのだけれど、ぼくは締め切りという名のデッドラインに足を踏み入れていたのでした(怖)
みなさんも、マイドッグ&キャッツの健康には気をつけて!

| | コメント (22)

2010/01/15

引っ越しは難しい

引っ越ししようと思ったのですが、なかなか物件が見つかりません。

というか、いまの物件がよすぎるんです。

築浅 駅まで徒歩13分 新宿まで快速で30分 
30平米 南向き ペット共生アパート 大型犬可
管理費・駐車場代込みで75,000円

Dsc_1696
「日当たり良好だしね」

同じ条件で求めるとなると、12万~14万覚悟しなくてはならないようです。
ペット共生、大型犬可って厳しいんですよね。

いま住んでいるところは自然がいっぱいでコレは楽しいみたいだし。
Dsc_1667
川はあるし、丘陵地はあるし、貯水湖もある。

そもそも、ひとり者が大型犬を飼って暮らすところじゃないんだよね、東京って。
小型犬可のアパートなら、ごまんとあるのになあ。

せめてもう一部屋欲しい。
いまは仕事場に寝泊りしているかのようなんです。

そして、こいつが来てしまった。
Dsc_1681_2

おかげで現在、仕事場兼暗室兼、
Dsc_0952
犬小屋!

そんなところで細々と生きております。。

   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

妹くん夫婦が新婚旅行でハワイに行き、コレにおみやげをいただきました。

ジャーン!
Dsc_1682

Dsc_1685
かわいいデザイン。

コレも気に入ったようです。
Dsc_1690
ありがとう!

オマケ

ハンバーグのチーズトマト煮を作ってみました。
これがとっても美味しくて。
Dsc_1673
ありがとう、ケンタロウ(賞味期限切れのナツメグにドキドキしながら)。

| | コメント (14)

2010/01/10

一周忌

ロカの一周忌でした。

まだまだ言葉にならないことがたくさんあります。
言葉にして整理してしまうことを、拒んでいる部分もあります。

いま言えることは、ロカと暮らした日々は本当に大変だったけれど、生きてきていちばん幸せでした。

「ボクといっしょなんだから、幸せなのは当然ニャ!」
Dsc_0028
なんてロカは笑っていると思います(笑)

ロカが守ってくれているんだな、と思うようなことが、この一年でいくつかありました。
命についてたくさん考えた一年でもありました。
いっしょに生きた日々を裏切らないように、頑張っていきたいと思います。

200803161323000
再びコレロカとみんなで暮らせる日を楽しみにしております。
またぼくを含めた三匹で、お昼寝三昧の日々を。

| | コメント (6)

2010/01/05

2010

いまだに「2010」の字面に慣れません……。
なんかとんでもなく未来に来てしまっているような気がしませんか?
2010年なんてタイムマシンが表示するような数字だと思っていたのに。

ともあれ、あけましておめでとうございます。

さてさて、ぼくもコレと実家に帰ってきました。
弟くんの車で初詣に。
R0011099
運転席と助手席は弟くん夫婦。
二列目はうちの両親。

メイちゃんは

父の膝の上にいます。
R0011105
いい表情。ご満悦?

向かったのは佐野市の唐沢山神社。
R0011113
おみくじを引いたら、大吉。
実は3年ぶりくらいの大吉。
先月浅草寺で引いたら、凶だったもんね……。

R0011118
帰ってから仲良く眠る二匹なのでした。

夜はサク&マッキーとごはん。
あーだこーだとバカ話。活力になるよ、バカ話。
R0011122
こちらはショッピングモールにあるメリーゴーランド。

明くる日も快晴ナリ。
R0011124
最近よくテレビの撮影で使われる岩舟山。

R0011133
奥に見えるのが出身中学。

振り返っても、なにもない。
R0011134
ふりかえってもふりかえっても低い山
すばらしき田舎です。

R0011131
電車も近い。

R0011130
一時間に一本か二本しか走っていないから、乗り遅れると大惨事。

R0011136
久々にポインターのロン君と会う。

R0011138
さすがオス同士。股間のにおいを嗅ぎ合う。

R0011140
コレは同犬種と会うとうれしそうだ。はしゃいでブレる。

R0011139
「今年もよろしく~」

R0011135
「みなさん、今年もよろしくです♪」

| | コメント (28)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »